ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
ハワイ島日和

ヒロでホロホロしよう!・その2

NOPU
ホワイト・タイガーのナマステくん

 あけまして、おめでとうございます。2010年も「ハワイ島日和」をよろしくお願いします。さて、今年は寅年です。トラと言えば、ハワイ島のパナエヴァ・レインフォレスト動物園には、ナマステくんというホワイトタイガーがいます。以前にもご紹介しましたが、この動物園は「ヒロ動物園」とも呼ばれているように、ヒロ郊外の森の中にある動物園です。ナマステくんのほか、ミニチュア・ホースやキツネザルなどの小動物、ネネやハワイアン・ホークなどのハワイ固有の鳥たちも展示されています。熱帯植物に囲まれた園内を、のんびり散歩するのにもいいところです。ハワイ島で今年の干支のナマステくんに会いに行くのもいいですね。今回は、ヒロでホロホロ(ハワイ語でぶらぶら散歩すること)するのにいいスポットをご紹介します。

ドライブインの名物チャーハンで朝食

 元旦に、初日の出を見た方も多いのではないでしょうか。ハワイ島の西側の街、コナは夕陽の名所として有名ですが、東側にある街、ヒロは海から昇る太陽を見ることができます。日の出が見られる街にふさわしく、ヒロは朝が早いような気がします。夜が明けきらない時間でも、出勤する人、散歩やジョギングをする人をたくさん見かけます。朝早くから開いている飲食店も多く、朝食をとっている人たちや、プレートランチをテイクアウトしている人たちで賑わっています。朝早くからハイキングに行くことの多い私には、大変便利です。朝ごはんを食べようと、早朝から開いている、ドライブインに行ってみると、たくさんの人たちで賑わっていました。出勤途中と思われる人もいますが、知り合いと世間話をしながら、のんびり朝食をとっている人の方が多い気がします。ハワイでは、朝からロコモコが普通と聞いていましたが、ここでもロコモコやプレートランチの朝食に人気があるようです。私も朝から、がっつりと炒飯を頂きました。

ヒロ湾にかかる虹

 ヒロは、「し」の字にカーブした湾に沿ってできた街です。モクオラ島、通称ココナッツ・アイランドからは、カーブしたヒロ湾ごしに、ダウンタウンとマウナケアを望むことができます。ただ、ヒロは雨が多い街なので、マウナケアの美しい姿が雲に遮られて見えないことも度々です。でも、雨が多いおかげで、こんないいこともあります。早朝、海に雨が降っているのが見えました。ところどころ黒い雲が海に影を落としています。紫とピンクの混じった不思議な空の色です。ふと振り返ると、ヒロ湾に大きな虹が出ています。大急ぎでココナッツ・アイランドまで行ってみると、マウナケアを覆うように大きな虹がかかっていました。よく見るとダブル・レインボーです。まだ夢の中にいるかのような、幻想的な虹は、ほんの数分で消えていきました。

ワイアヌエヌエ滝

 虹といえば、ヒロには「虹」の名前を持つ滝があります。ワイアヌエヌエ滝、通称「レインボー・フォール」は、ヒロ湾に注ぐワイルク川の上流にあります。ハワイ語の名前も「ワイ」=「水」、「アヌエヌエ」=「虹」という意味で、滝に虹がかかって見えることがあるそうです。この滝は、ハワイの神話に登場する半神半人のマウイのお母さん、ヒナが住んでいたと言われています。ヒナがクナという大トカゲによって水没させられそうになったとき、マウイはその名前のついたハワイ島のお隣の島、マウイ島からカヌーでかけつけたそうです。ワイルク川の下流には、マウイが乗り捨てたカヌーと言われる大岩もあります。ヒロにはマウイが残した伝説が多く、前述のココナッツ・アイランドも海からマウイが釣り上げたという伝説があります。

ヒロ図書館前にあるナハ・ストーン

 ヒロを散歩していると、伝説や逸話、古い歴史にまつわる場所をよく見かけます。ワイアヌエヌエ滝へと向かう道沿いに、ヒロ図書館があります。ヒロ図書館の前にある大きな石は、ナハ・ストーンと呼ばれる伝説の石です。この石を動かした者はハワイの王となり、さらに石をひっくり返した者はハワイ全島を統一するという予言がありました。ナハ・ストーンの重量は、2.5トンとも3トンとも言われています。この大石を動かし、ひっくり返したのが、若きカメハメハ大王です。

ヒロのカメハメハ大王像

 ハワイ島で生まれたカメハメハ大王は、その生誕地であるノース・コハラと、ヒロに像があります。ヒロのカメハメハ大王像はヒロ湾に沿って伸びるハイウエイ沿いに建っています。この大王像は、本来カウアイ島に建つはずのものでした。しかし、カメハメハ軍から戦争による制圧を受けなかった、という歴史があるカウアイ島の人々は、それを好ましく思わなかったため、ハワイ島に寄贈されることになったそうです。カメハメハ大王像の建っているワイロア川州立公園は、芝が広々と広がる大きな公園です。公園に続くワイアケア池には水鳥が多く、春にはジャカランダがみごとな紫の花をつけています。ここもヒロでホロホロするのによい場所です。


お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.