ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
フラ・ミュージアム通信

山本貴子 のリボンレイ展 開催中

by スパリゾートハワイアンズ

 日本のハワイからアローハ!
 日本フラ文化発祥の地とも言える「スパリゾートハワイアンズ」から、ハワイにもない「フラ・ミュージアム」についてのレポートです。

Leinani主宰 山本貴子さん

 3月6日(土)から7月11日(日)まで、特別展示「山本貴子のリボンレイ展」を開催しています。ハワイのレイをリボンで製作する「リボンレイ」の一人者として、多くのメディアに取り上げられ、著書も発刊している山本貴子さんの素晴らしい作品を、期間限定で楽しむことができます。

 多くの読者の皆さんにとっては、すでにおなじみだと思いますが・・・、改めて「リボンレイ」についてご説明しましょう。

 ハワイアンリボンレイは、色とりどりのリボンや毛糸などを縫ったり編んだりして、美しいレイに表現する、ハワイ生まれのクラフトです。使う素材は、光沢のあるサテンリボンや透け感のあるオーガンジーリボン、波型をしたリックラックテープ、ネズミのしっぽのようなコード、まつげのような毛糸、ビーズやククイナッツなど多彩で、それらを針と糸で縫ったり、かぎ針で編んだり、ストローで巻きつけたり、日本の組み紐のように編んだりしてレイに表現します。作り方もごく単純なものから手間の掛かるものまで数え切れないほどあり、これからも新しいデザインのレイが次々と生まれることでしょう。

美しいリボンレイの世界をぜひご覧ください

 リボンレイは生花のような新鮮さや香りは楽しめませんが、枯れることがありません。贈られた時の思い出と美しさのまま長く残すことができ、いつまでも「ALOHA」を感じることができるため、手作りの贈り物として大変人気があります。また季節を問わず、好きな花や植物のレイを作ることができ、色や素材なども自由にアレンジすることができるので、贈る相手やシチュエーションによって、どんなレイを作ろうかと考えることも楽しみの一つです。心地良い音楽を聴きながらリボンレイを作るひと時は、とても楽しいものです。皆さんもぜひリボンレイ作りにチャレンジして、大切な人にプレゼントしてみませんか?

 ハワイアンリボンレイの歴史を簡単に・・・。1990年代の半ば、当時大手クラフトショップ勤務のフラワーデザイナー キャロル・ミト氏が、フラのコンペや卒業式などの大きなイベントの度に大量の植物が摘み取られることを憂慮し、「ハワイの美しい自然を護り、未来の子供たちに残してあげたい…。」という思いからリボンでレイを作ったことに始まります。その後メディアで大きく取り上げられ、ハワイはもちろん、アメリカ本土、そして世界中に広く知れ渡ることとなりました。

展示の様子

 山本さんは、リボンレイのデザインをする際、特に花や植物は、写真や本をじっくり見て色や形などの特徴できるだけ忠実に表現します。また、作品として残るということは、それを見るたびに制作時の想いも思い出すということ。だから、作るときはいつも穏やかで楽しい気持ちでいることを一番大切にされています。

 展示中のレイの一部をご紹介します。

・Sea Grape & Mock Orange(シーグレープ&モックオレンジ)…
シーグレープの木には、丸く大きな葉の間から垂れ下がって果実がなります。最初は緑色ですが熟すと紫色になり、味も姿もブドウに似ています。ハワイの海岸近くでよく見られることから、この名が付きました。モックオレンジの葉と一緒にレイにしてみました。

・Anuenue(アーヌエヌエ)…
ハワイ語で虹のこと。ハワイでは、雨降り空を嫌ったメネフネ(小人)たちが、カヒリの羽根色の赤、イリマのオレンジ、バナナの黄色、シダの葉の緑、深海の青、女王のシルクドレスの紫 の6色の虹を空に揚げた と考えられています。

山本貴子(やまもとたかこ)さんのプロフィール
ハワイアンネーム:Pua kenikeni。リボンレイデザイナー&インストラクター、Leinani主宰。 ハワイで目にしたリボンレイの繊細さと美しさに魅了され、製作を開始。2003年より各地でレッスンを開催する傍ら、オリジナル作品の創作、イベントへの参加・主催、関連書籍の著作・監修、テレビ出演、商品開発などを通じ、リボンレイの普及に努めている。著書に、「リボンレイの本」、「リボンレイの本2」(ともに青山出版社)がある。
> http://www.lei-nani.com/

山本貴子さんへのインタビューが、バックナンバーで紹介されています
<アロハ・ピープル>
> https://www.pacificresorts.jp/webkawaraban/alohapeople/050721/

 このように、「フラ・ミュージアム」は見所がいっぱいで、映画「フラガール」ファンなら一度は訪れてみたい場所です。ハワイアンズでは、東京・新宿・渋谷・横浜・さいたま・西船橋から、何と交通費無料の宿泊者限定送迎バスを運行していますので、チェックしてみてください。(2/22〜5/31までの期間限定で、仙台便も運行中です)

フラ・ミュージアム(スパリゾートハワイアンズ内)
〒972-8555福島県いわき市常磐藤原町蕨平50番地
phone (0246)43-3191(大代表)
URL http://www.hawaiians.co.jp
開館時間10:00〜18:00
※ハワイアンズの営業時間は曜日によって変動
※ハワイアンズの入場料のみで観覧可


リゾートクエスト・ワイコロア・コロニー・ヴィラ

屋内温泉公園「スプリングパーク」、「パレオ」、「ウォーターパーク」、ギネスにも掲載されている世界最大の露天風呂「江戸情緒 与市」、そして「ウイルポート」の5つのテーマパークが楽しめる温泉の大陸 常夏の楽園 スパリゾートハワイアンズ。映画「フラガール」の衣装や小物、フラ文化やフラにまつわる展示や情報・書籍の紹介など、2007年には「フラ・ミュージアム」がオープン!

スパリゾートハワイアンズ
フラ・ミュージアム


お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.