ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0

青空が見たい

ミノリ・K・エバンズ

雨の切れ間、わき上がる霧でワイルアリバーの位置が見てとれる

 ざざ降りの雨と稲光、雷、あちらこちらで見られる洪水と浸水。もう一ヶ月以上、こんな天候が続いている。ハワイの他島や、アメリカ本土の友人知人、親戚から、「大丈夫なのか、生きているの」と電話をもらったりしている。時折、日本からも友人らがメールをくれる。今年の冬、カウアイは過去100年間で最大と言われる降雨量を記録し、1991年にあったアナホラ地
区での大洪水を超える被害が出た。3月14日早朝には、キラウエア地区でダムの決壊があり、一気に流れ出た水が5軒の民家を流し、行方不明者が8名出た。数名は遺体で発見されたものの、残りの方は行方不明のまま、昨日で捜索が打ち切られるという、残念な結果になった。狭い島のこと、どこかに住んでいる誰か知らない人に起った悲劇という感覚はなく、たまたま自分の身に起らなかったという感覚に近い。19日の日曜日には、亡くなった方々を偲ぶ集会が、町の教会で開催された。カウアイ島といえば、1992年に島を半壊させた「イニキ」で有名だけれど、あの時、死者は出なかった。だから、島民の間では、「イニキ」と同様に、1991年のアナホラでの洪水被害が伝えられてきたのだけれど、今後は、この冬のことが言い伝えられていくんだと、人々は言っている。人数はもちろん問題ではない。一人でも犠牲者が出ればそれは哀しいことだけれど、島民5万6千人と言われるこの島で、8名の死者を出した雨の被害が、住民に与えた衝撃は大きい。

ふだんは一本の滝も流れていない山肌に、幾筋もの滝が流れて美しい

 ...と、何だか暗いトーンで始まってしまったのだけれど、実際にここのところ、島民の暮らしは雨にやられている。あちらこちらの道が閉鎖になり、橋が閉鎖になり、仕事に行って戻れなくなった人がたくさん出た日もある。道路は水に浸かって、我が家のあるワイルア地区からクアモオ・ロードを降りたところにある、ハイウエイ沿いの信号は、数週間にわたって壊れたままであった。そんなこんなで、ついつい家に引きこもりがちになっているのだけれど、家の中にいても雨続きの天候の影響をいろいろと目にする。ともかく、あらゆるものがカビていくのだ。先日は、「あれ、このサンダルってこんな縁取りがあったっけ」と目を凝らすと、青いカビがきれいに私のサンダルを縁取っていたりした。普段は、雨のカウアイもいいよねぇ、大好き、なんて言っている私も、さすがにいつ終わるとも知れない雨が上がるのを待つのはキツイ。ここに来て、青空が見える日も出てきたが、夜が来ればまた雨が降る。道には水が溜まる。ハイウエイ沿いをカパアの町へ向かう景色はすっかり変わって、普段は芝生で青々としているところが、池...いや、川と化して数マイルにわたって水をたたえている。近くのビーチでは、ざっくりと土が持っていかれて、すっかり姿を変えてしまったところもある。ともだちとの電話は「ちょっとウンザリだよねぇ。なんか、永遠に続く気がするよねぇ」と愚痴めいてくるのである。

水煙を巻き上げて、ゴォゴォと流れ落ちるオパエカアの滝

 天気予報を聞いていると、明日は雨が上がります、でもすぐに次のストームがやってきて、一週間は続くでしょう、の繰り返しである。哀しいことに、カウアイ島で外に出られないと、行くところがない。スーパーやウォルマートと行った場所、町に一軒のボーリング場は人々で溢れているそうだ。なんといっても気の毒なのは、この時期に観光でカウアイを訪れた人である。きっとハワイに来るというので、青い空、青い海、さわやかな風を想像して来たに違いない。ところが来てみると、来る日も来る日も雨。ほんとうに気の毒なことである。

チョコレート色のワイルアリバーが水量をぐんぐん増していく

 私のクム・フラ(フラの先生)が話してくれたところによると、ハワイアンの考えでは、雨は大地を洗ってくれると理解するらしい。だから、雨はBlessing(祝福)なのだ。すると、今年の大雨は、大地の大そうじというところだろうか。こんなに大がかりな掃除を必要とするくらい、この土地は汚されてしまっているのだろうか。カウアイでは次々に大規模なホテルが建ち、住宅も建ち、とてつもない速度で自然が切り崩されていっている。その中には、ハワイの人々にとって聖域とされている場所も、多々含まれている。この雨はきっと、私たちに何か、大切なことを伝えようとしているのだろう、私はそう信じている。

ダムの決壊による被害を報道するローカル新聞

 ともかく、間もなく日本へと里帰りをする私。この雨が止まないと、カメラ片手に出かけることもムズカシイ。次回のカウアイ日記で無事にお会いできますように。もしこのままストームの日々が続けば、私は次回分の原稿を入れることを断念して、日本へ行き、桜咲く日本の春を満喫してくることになります。


お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.