ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0

第67回「ワシントン・プレイス」

アン
ワシントン・プレイスの正面

 皆様、アローハ! お元気ですか? 日本は桜の季節が終わり、新緑の季節になりましたか?ハワイもずいぶん温度が上がり、晴天の日が続くようになりました。本格的な常夏ハワイの始まりです。ワイキキのカラカウア大通りにはシャワー・ツリーが花を咲かせ始めています。これからしばらくハワイはカラフルで綺麗な花の時期を楽しめます。今日は、先日ハワイ州知事公邸である、ワシントン・プレイスを見学に行って来ました。その様子をご紹介しましょう。

リリウオカラニ女王が大好きだったのが、クラウン・フラワーです。たくさんのクラウン・フラワーが公邸内にはたくさん咲いています。

 ワシントン・プレイスはホノルルのダウンタウンにあります。ハワイ州のリンダ・リングル知事の公邸でもあります。前カエタノ知事まではこのワシントン・プレイスの歴史的な建物に住んでいましたが、今のリンダ・リングル知事より、裏に新しく建設された別棟に住まれています。この建物はとても歴史が深く、建てられたのは1840年代と言われています。中国貿易などでビジネスをし、成功していたジョン・ドミニス氏の個人的な家として建設されていました。公邸内には、当時を思わせる、豪華な中国からの調度品が多く飾られているブルー・ルームがあります。ドミニス氏が海上移動中に亡くなっても、ドミニス夫人がこの館の建設を終わらせたということです。二人の一人息子はハワイの王族と同じように教育を受けることができ、後にハワイ最後の女王リリウオカラニと結婚することになります。そのことより、リリウオカラニ女王の生涯の家となり、多くの思い出を残した建物とし、今は希望者のみ、ガイド付きでツアーの催行がされています。

このクラウン・フラワーがモチーフになったハワイアンキルトは本当に素敵です。

 公邸内の写真撮影は禁止されていますので、ここではご紹介できませんが、今は公邸の正面玄関から入ることができます。(昨年9月に出版されたダイアモンド・ビッグ社の「キルト、花とキルトの散歩道」にはいくつか写真をご紹介していますので、是非ごらん下さい)。入って左にはドミニス夫人のパーラー。右はリリウオカラニ女王のパーラー。ここにはコアの木で作られ、音楽にたけていたリリウオカラニ女王に贈られたグランドピアノが置かれています。「アロハ・オエ」の作曲者でも知られ、美しいクレイジーキルトを作ったことでも知られる女王は、王制がなくなった後、このワシントン・プレイスで79歳まで生活されたと言われています。女王が使った大きなベッドには素敵なキルトが飾られています。写真をお見せできないのが、とても残念ですが、女王の大好きだったクラウン・フラワーがモチーフになっています。数年前に訪れた時に教えていただいたのは、私の大好きな「メアリイ・カラマ」さんが、後にリリウオカラニ女王を尊敬し、ハワイアンキルトを作ったと言われています。それを公邸の人たちが手に入れたということでした。当時に使われていたわけではないですが、しっくりとベッドの上に飾られているのです。モチーフの色やキルトの色が少し褪せてしまっていますが、本当に素敵なキルトなので、見るたびに感動します。

グランド・ラナイは公式行事も行われます。

 リリウオカラニ女王が亡くなってから、ハワイ州がこの館を手に入れ、知事公邸になったということです。そして今年はハワイ州ができて50周年。思っているより長くないのですね。昔も今もこの場所でいろいろなイベントなどが行われるので、屋根のあるグランド・ラナイが後から付け足されたそうです。また、ステイト・ダイニング・ルームと呼ばれるダイニング・ルームも後から付け足されたそうです。外国からの正式訪問ゲストはこちらに必ず招かれると言われています。グランド・ラナイは涼しい風がよく通る、明るく素敵な場所です。リリウオカラニ女王はハワイの植物をたくさん、ガーデンに植えたことでも有名です。一度植物がずいぶん減ってしまったようですが、現在は元の姿に戻すべく、植物をたくさん植えていると言うことです。

 正面玄関にはドミニス夫人が植えられたと言われる樹齢200年近いピリ・ナッツ・ツリーがずっしりと根を下ろしています。私が初めて見たのが、大きなお化けバード・オブ・パラダイスです。しかも色が山吹色ではなく、白だったんです。これはとても高い木のようになっていました。歴史的な建物を見るだけではなく、ハワイの植物もたくさん見られるワシントン・プレイスは機会があれば是非見学に行かれてください。

大きなバード・オブ・パラダイス。

 通常は知事公邸なので、一般公開されていませんが、ツアー希望者は、少なくても2日前までには予約をしないと、館内を見ることは不可能です。そしてツアーは約40分。予約するとガイドさんを用意して、説明を聞きながらの案内となります。日本語のガイドも頼むこともできるということですが、それにはずいぶん前からの予約をおすすめします。また、知事公邸なので、大切なお客様などがハワイにいる場合は、ツアーの催行はありませんので、ご注意してください。

By アン

ワシントン・プレイス
Washington Place
320 South Beretania St.
Honolulu HI 96813
電話:(808) 586-0248

予約はツアーに行きたい日の少なくとも48時間前まで。
すべて英語になります。
ツアーの時間は約30分から45分。1グループは12名まで。
入館料は無料ですが、寄付はおすすめします。
ツアー参加時は必ずパスポートを持参すること。
ツアー催行日は月曜日から金曜日の間になります。


ハワイ、花とキルトの散歩道【アロハWEBカワラ版-アロハ・ブックシェルフ】
アンさんのハワイアンキルトの本をご紹介しています。
-> 「ハワイ、花とキルトの散歩道」2008年9月12日発行!
-> 「のんびり、チクチク ハワイアンキルト Anne's Hawaiian Quilt」

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.