ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
フォスター植物園
近藤純夫

植物園入口

 フォスター植物園(Foster Botanical Garden)はカメハメハ3世(カウイケアオウリ)の妻であるハカレレポニ・カラマ王妃が、ドイツ人医師のW・ヒレブランドに現在の土地を貸与したことにはじまります。ヒレブラントは植物学者でもあり、夫婦で地図の黄色の部分に家を建てました。現在、この一帯で見られるイヤーポッドツリー(Enterolobium cyclocarpum)やカポク(Ceiba pentandra)、モモタマナ(Terminalia catappa)などの巨木は彼によって植えられたものです。これらの樹木のうち25種は特別保護を要する木(Exceptional Trees)とされています。

園内の見取図

 その後、夫妻はドイツに帰国し、1867年にアメリカ人船長であったトーマス・フォスターがこの土地を購入して、さらに植物コレクションを充実させました。トーマスの死後、ハワイ人の血が混じる妻のメアリーが土地の管理を引き継ぎました。彼女は大仏や灯籠など、仏教色の強いモニュメントを数多く配置しました。これは彼女が晩年になって仏教徒に帰依したためです。ちなみに大仏は鎌倉の長谷にある大仏のレプリカです。日系移民100周年を記念して神奈川県より寄贈されました。ここには第2次世界大戦が始まるまで日本語学校もありました。

入口横に展示してあるさまざまな植物の種子

 メアリーの死後、土地はホノルル市に寄贈されました。このとき庭園は2.2ヘクタールもの広大な敷地に広がっていましたが、市はさらに周辺の土地を購入し、あるいは寄贈を受け、1931年に市立フォスター植物園として、一般に公開されました。初代の園長は、マノアにあるライアン演習林に名前を残す、ハロルド・ライアン博士でした。彼は異国の樹木を加え続けるとともに、ラン栽培にも力を注ぎました。園の北側にあるライアン・オーキッド・ガーデンでそれらを観察できるほか、同園で造りだした交配種の展示施設が園の南側にあります。

さまざまな交配種のラン

 フォスター植物園は現在、敷地面積5.5ヘクタールに拡張され、1万種を越える植物があります。後年、ハワイにゆかりのある植物も植えられましたが、なんと言っても世界中の樹木が揃っている点がフォスター植物園の特徴です。園内にはヤシの木のコレクションや絶滅危惧種の植物も数多くあります。英語ではありますが、毎週月〜金の午後1時にツアーが催行されています。

 フォスター植物園に隣接してリリ・ウオカラニ植物園(Lili'uokalani Botanical Garden)があります。ここはかつて、リリ・ウオカラニ女王お気に入りの散策路でした。高速1号線の建設でフォスター植物園が分断されたときに誕生したものです。3ヘクタールの土地はフォスター植物園とは別の特徴を持たせた展示となる予定です。現在、造成中ですが、だれでも自由に散策することができます。庭園内部をヌウアヌ川が流れ、小規模ながら滝もあります。フォスター植物園が諸外国の植物展示に重点を置いているのに対し、こちらはハワイ固有の植物展示に重点を置いています。

リリ・ウオカラニ女王が愛したクラウン・フラワー

 ハワイの公共施設はどこでもそうですが、多くのボランティアに支えられています。ガイドや講師といった専門的色合いの強いものだけでなく、園内の清掃や温室の管理など、植物が好きな人とのコラボレーションによって、人件費を抑え、低料金で施設を楽しんでもらう工夫が施されています。実際に、現地で活動をしなくても、友の会(Friends of Honolulu Botanical Gardens)に入会すると資料を送付してもらえる他、フォスター植物園の入園料が免除されます。

 ホノルル市が運営する植物園は、上記の2つの他に、ホノルルよりは冷涼な気候を活かし、比較的高所で見られる亜熱帯植物を中心に展示するワイアヴァ植物園、マダガスカルの植物コーナーと、乾燥性の植物を中心に展示するココ・クレーター植物園(未完成)、コオラウ山脈の麓という立地を活かし、雨を好む植物が比較的多く見られるホオマルヒア植物園があります。いずれも土地の特徴を活かした展示を行っていますので、興味に応じて訪れるとよいでしょう。


フォスター植物園へのアプローチ

ワイキキからは2番か13番のバスに乗ります。チャイナタウンを抜け、ヌウアヌ川をまたぐ橋を渡ったら降ります。所要時間はおよそ20分。停留所から川に沿って山側へ向かい、Vinyardを渡ると左手一帯が植物園です。入口を通りを越えて少し進んだ右手にあります。

公式サイト
http://www.co.honolulu.hi.us/parks/hbg/fbg.htm

所在地と開園時間
住所:50 North Vineyard Boulevard Honolulu, HI 96817 
連絡先: (808) 522-7066
開園時間:9:00-16:00(通年営業。ただしクリスマスと元日を除く)
 次回は「クックが見たもの」と題し、キャプテン・クックとハワイの関係についてお話しします。
【ハワイの植物】
 花物語 (1) ハイビスカス 2002年10月3日
 花物語 (2) プルメリア、ブーゲンビレア

2002年10月17日

 花物語 (3) オヒアレフア 2003年4月3日
 花物語 (4) オヒアの生き方 2003年4月17日
 花物語 (5) コーヒーの話 2003年9月4日
 花物語 (6) グァバ 2003年9月18日
 花物語 (7) シダの世界 その1 2004年1月15日
 花物語 (8) シダの世界 その2 2004年2月5日
 花物語 (9) パイナップル 2004年5月20日
 花物語 (10) パパイア 2004年6月3日
 花物語 (11) マンゴー
2004年6月17日
 花物語 (12) マカダミア

2005年7月21日

 花物語 (13) パンノキ 2005年8月4日
 ヤシの木の世界 (1) ココヤシ 2004年12月16日
 ヤシの木の世界 (2) ロウル、トックリヤシ、ビンロウジュ 2005年1月20日
 ワイメア渓谷オーデュボン・センター 2005年11月4日
 > その他の特集は、こちらの「バックナンバー」からご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.