ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
キラウエア(2)
近藤純夫

チェーン・オブ・クレーターズ


海に注ぐ溶岩と噴煙

 キラウエア・カルデラを中心にしたキラウエア火山の噴火の歴史については前回お話ししました。今回は、噴出した溶岩がどのように周辺の地形を変えていったかを見ていきましょう。

リフトゾーン

 1790年にキラウエア・カルデラはほぼいまのような形になったと言われています。その100年ほど後の1879年から1880年にかけてハレマウマウはかなり活発に活動しました。翌年にはマウナ・ロアの山頂カルデラからも噴火が起きましたが、この時期から東西のリフトゾーンでも活発な噴火活動がはじまりました。東に伸びるイースト・リフトゾーンには規模の大きなクレーターがいくつもあります。

キラウエア周辺の主な火口丘とクレーター

 これらのクレーター群を総称して、チェーン・オブ・クレーターズと呼びますが、クレーターを結ぶように海岸へ下りるチェーン・オブ・クレーターズ・ロード沿いには、キラウエア・カルデラやキラウエア・イキ、ケアナカコイ、ルア・マヌ、プヒマヌ、コオコオラウ、ヒイアカ、パウアヒの各クレーターを見ることができます。クレーターはさらに東へマウナ・ウル、マカオプヒ、ナーパウ、プアイアルア、プウ・オー・オーと続きます。その先にも東の端まで古いクレーター群が連なっています。また南西側にはサウスイースト・リフトゾーンが伸び、車道はありませんが、トレイル沿いにプウ・コアエやマウナ・イキ、プウ・コウなどがあります。

キラウエア・イキ

溶岩を噴き上げるキラウエア・イキの噴火

 1955年には東リフト・ゾーンで大規模な噴火が起きました。1959年11月にはキラウエア・イキで噴火が起こりました。その3ヶ月後、マグニチュード7を超える巨大地震が発生し、周辺の道路までが破断しました。キラウエア・カルデラの北東にあるアースクエイク・トレイルを歩けば、そのときの亀裂を見ることができます。溶岩は空中200mの高さまで立ちのぼりました。この噴火はキラウエア・イキの小クレーターから起きましたが、このとき吹き上げた多量の噴石が堆積してできたのがプウ・プアイです。噴火は同時にクレーターをいま見る深さにまでに掘り下げました。この噴石丘の南に付けられたデバステーション・トレイルを歩けばプウプアイを間近で確認することができます。

マウナ・ウルとサウスウエスト・リフトゾーン

マウナ・ウル

 1972年2月、キラウエア・カルデラから南へ8kmほど離れたマウナ・ウルで噴火が起き、大量の溶岩が南の海に向かって流れはじめました。いまも噴火口からは盛んに噴煙を上げています。翌年にはマグニチュード6.3の地震とともに、マウナ・ウルと、西へ2kmのところにあるパウアヒ・クレーター、その西隣にあるヒイアカ・クレーターで噴火が起きました。1983年に起きたマウナ・ウルの噴火でも地震が発生しています。この地震はナパウ・クレーターやプウ・カモアモアに移っていきました。これは地下のマグマが上昇する際、岩盤を砕いたために起きた現象だと言われています。ヒイアカ・クレーターは1979年にも溶岩を流し、このときは多くの地震が発生しました。

 1974年にサウスウエスト・リフトゾーンで大規模な噴火がありました。この年はマウナ・ウルやキラウエア・カルデラに隣接するケアナカコイ・クレーターでも噴火がありました。その後、1977年にイースト・リフトゾーンで噴火が再開されています。

プウ・オー・オーとクパイアナハ

プウ・オー・オーのクレーター

 今日、もっとも活発な噴火活動をつづけているのは、キラウエア・カルデラから東へ15キロほどの位置にあるプウ・オー・オーです。ここでは1983年から1986年にかけてもっとも大規模な溶岩の噴出があり、幅数キロメートルにわたる溶岩流を出現させました。最近は次第に活動が弱まる傾向にありますが、2005年4月現在、再び活発に溶岩を流し続けています。

 プウ・オー・オーからさらに東へ4キロのところにクパイアナハがあります。ここでは1986年から1989年にかけて噴火が起きています。とくに1986年の噴火は、確認されているキラウエアの噴火のなかで、もっとも長期間つづいたものとされています。クパイアナハは90年代に入ってからも活動が続き、カラパナをはじめとする多くの集落が溶岩に埋めつくされました。

次回は「キラウエア(3)」と題し、ハワイ火山国立公園の施設についてお話しします。
【ハワイの自然】
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (1) 2002年8月1日
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (2) 2002年8月15日
 火山と溶岩 (1) 噴火に伴う溶岩 2002年11月7日
 火山と溶岩 (2) ハワイアンと溶岩 2002年11月21日
 火山と溶岩 (3) マグマとその動き 2003年11月20日
 火山と溶岩 (4) プレートの移動 2003年12月4日
 火山と溶岩 (5) 島の誕生と消滅 2003年12月18日
 マウナケアと天文台 (1) 2003年2月20日
 マウナケアと天文台 (2) 2003年3月6日
 渓谷の魅力(1) ワイピオ渓谷 2003年10月2日
 渓谷の魅力(2) ワイメア渓谷 2003年10月16日
 西マウイ・北海岸の自然 (1) 2003年7月3日
 西マウイ・北海岸の自然 (2) 2003年7月17日
 風と雨と虹の話 (1) 2002年9月5日
 風と雨と虹の話 (2) 2002年9月19日
 マカプ・ウ岬を登る 2004年4月15日
 マノア滝トレイルを歩く 2004年5月6日
 キラウエア (1) 2005年4月7日
>> 全ての過去の特集は、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.