ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
滝のある風景(2) ワイルア・フォールズ
近藤純夫
ワイルア・フォールズの全景

 カウアイ島の東海岸にはカウアイ最大の町、リフエがあり、この町に並行するようにワイルア川が流れています。ワイルア川は船が就航できるハワイ州で唯一の川として知られ、シークレット・フォールズやオパエカア・フォールズ、ワイルア・フォールズなどの名瀑布や、シダの洞窟などで知られています。なかでもワイルア・フォールズはアメリカ人にとり、人気テレビ番組である「ファンタジー・アイランド」のオープニング・シーンに登場するので特別の思い入れがあります。

 ワイルア(Wailua)とはハワイ語で「2つの水」を意味します。ただし、前回ご紹介したレインボー・フォールズと同じく、増水すると川幅いっぱいに濁った水があふれます。滝の落差は約24mとされていますが、実際にはその倍はあるでしょう。朝日が滝を照らし出すときがいちばん美しく、朝方や雨上がりの日中には、滝壺に虹がかかることもあります。ちなみに落ち口部分は平坦な岩場になっていますが、ここへのアプローチはありません。

2条の滝

 この滝壺へとつづくトレイルは2コースあります。しかし、川岸へ降りる道が急峻でロープが設置されるほど足場が悪い上に、雨で濡れるとさらに危険が増します。そのため、州ではトレイルを閉鎖し、ロープがかかっているのを見つけるとこれを取り外しています。天気のよいときなどは観光客が滝壺で泳いでいるのを見かけることもありますが、見習わないでください。

ワイルア川の流れ

 伝承によれば、かつて戦士たち、あるいは首長たちは滝の落ち口から飛び込んで一人前の男であることを証明しました。一種の通過儀礼で、彼らは必ずこの試練は受けなければなりませんでした。けれども、ときには下の岩にたたきつけられて死んだ者もいました。ちなみに、ワイルア川に並行して走るクアモ・オ・ロード(580号線)は、王朝時代には位の高い人間だけが通行を許された道で、王者の道とも呼ばれました。

 河口近くには遊覧クルーズの発着所があり、ワイルア川を遡ってシダの洞窟への観光が楽しめます。周辺の森では『ジュラシック・パーク』や『アウトブレイク』など、映画撮影がしばしば行われます。

オパエカ・ア・フォールズ

オパエカ・ア・フォールズ全景

 オパエカ・ア・フォールズはワイルア・フォールズとともに、ワイルア川でよく知られた滝で、落差は約45mあります。この滝も通常は2条の水流が岩を洗うように流れ落ちていますが、増水期は落ち口いっぱいにあふれます。滝壺まではトレイルがつけられていますが、地形は急峻で危険も大きくお薦めはできません。どうしてもというときは、地元の会社が滝壺までのハイキング・ツアーを実施しているので、そこで説明を聞き、自信があれば参加するとよいでしょう。展望台からの景観を楽しむのがベストです。ちなみに、正午少し前の時間帯がもっともよくこの滝を観察できます。

 滝が落ちる岩場にはシラオネッタイチョウが営巣しており、日中はその姿を目撃できるでしょう。ときおり、隣のワイルア・フォールズにも出現します。また、近くにはポリアフ・ヘイアウや、かつてのハワイ文化を復元したカモーキラ・ハワイアン・ビレッジなどがあります。

■アプローチ

 ワイルア・フォールズは、ワイルアから56号線を南下し、橋を渡ってすぐの分岐点を右折してマアロ・ロード(583号線)に入ります。サトウキビ畑のなかを6kmほど行った道路の終点に展望台があります。オパエカ・ア・フォールズは、ワイルア川の北に並行するクアモ・オ・ロード(580号線)のつづれ折りを登っていくと、2.5kmほどで展望台に到着します。

次回はハワイ島のアカカ滝を紹介します。
【ハワイの自然】
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (1) 2002年8月1日
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (2) 2002年8月15日
 火山と溶岩 (1) 噴火に伴う溶岩 2002年11月7日
 火山と溶岩 (2) ハワイアンと溶岩 2002年11月21日
 火山と溶岩 (3) マグマとその動き 2003年11月20日
 火山と溶岩 (4) プレートの移動 2003年12月4日
 火山と溶岩 (5) 島の誕生と消滅 2003年12月18日
 マウナケアと天文台 (1) 2003年2月20日
 マウナケアと天文台 (2) 2003年3月6日
 渓谷の魅力(1) ワイピオ渓谷 2003年10月2日
 渓谷の魅力(2) ワイメア渓谷 2003年10月16日
 西マウイ・北海岸の自然 (1) 2003年7月3日
 西マウイ・北海岸の自然 (2) 2003年7月17日
 風と雨と虹の話 (1) 2002年9月5日
 風と雨と虹の話 (2) 2002年9月19日
 マカプ・ウ岬を登る 2004年4月15日
 マノア滝トレイルを歩く 2004年5月6日
 地底の世界(1) 2004年9月2日
 地底の世界(2) 2004年9月16日
 観光洞窟 2004年10月7日
 ペペオパエ・トレイル(モロカイ島) 2004年10月21日
 ナーパウ・トレイル 2004年11月4日
 滝のある風景(1) レインボー・フォールズ 2005年2月3日
>> 全ての過去の特集は、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.