ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
滝のある風景(1) レインボー・フォールズ
近藤純夫
レインボー・フォールズの全景

 レインボー・フォールズはワイルク川州立公園内のレインボー・フォールズ地区にあり、ハワイ島観光では定番とも言えるところです。この滝は、ハワイ島最長の川であるワイルク川にかかっていて、落差は24m、滝の下のプールは直径が約30mほどあります。水量は雨季と乾季で大きな差があり、最大水量のときは川幅いっぱいに白濁した水が流れ落ち、下のプールも激流となるほどです。ワイルクというハワイ語には「破壊する水」という意味がありますが、名前のイメージにぴったりとなります。

 レインボー・フォールズはハワイ名をワイアーヌエヌエと言いますが、これには「水の中に見える虹」という意味があります。晴れ渡った朝の陽光が差すと、滝から舞い上がる水滴がこの日差しに反射して虹がかかることから、この名前がつきました。英名も同じ由来です。

滝の裏手に洞窟が見える

 ワイルク川はマウナケアとマウナロアの境界を流れ下ってヒロ湾へと注ぎます。ハワイでは乾季には水量が極端に減ったり、消失してしまう川もありますが、ハワイ州最長のワイルク川は1年を通じて流れています。平均で1日100万立方メートルの水量があり、増水期はその20倍近くの水が流れます。この豊富な水量を活かし、水力発電も行われています。また、およそ1日10トンの堆積物をヒロ湾に流し続けています。

 レインボー・フォールズについてはさまざまな物語がハワイでは語り継がれてきました。なかでも半神マウイの母親である女神ヒナの神話はよく知られています。滝の背後には大きな洞窟があり、ここにヒナが住んでいたと言い伝えられています。彼女はこの洞窟でカパをつくりました。ワウケとママキの樹皮を水に浸け、天日にあてて乾燥させた後、よく叩いてからつくったカパは非常に強靱なものでした。樹皮を叩いているときの音が一日中、この洞窟から聞こえたと言います。息子のマウイも母の手伝いをしました。

滝の下に虹がかかる

 ワイルク川にはモ・オ・クナという名の巨大なトカゲがいて、ときどき川を氾濫させて滝から岩を落とし、彼女の平和な作業を中断させました。あるとき、モ・オ・クナがとりわけ大きな岩を滝から落としたため、川はそこで堰き止められてしまいました。水位が上がり洞窟が水没する危険を察知したヒナは、息子のマウイに助けを求める合図を出しました。マウイは自分のカヌーをわずか2かきでマウイ島からワイルク川の河口まで持ってきました。彼は上流に進み、問題の大岩を一撃で破壊しました。それで母の命は救われたのです。

 これを見たモ・オ・クナは上流から逃げ出しました。マウイは川の下にできた穴に隠れていたモ・オ・クナを発見し、槍で刺し殺そうとしました。しかし、大トカゲは下流に逃れ、深い穴のなかに身を隠してしまいました。しかし、マウイはついにモ・オ・クナを見つけ出しました。彼は火の女神ペレを呼び、溶岩を川に流して大トカゲを追い出すよう頼みました。溶岩がモ・オ・クナの隠れている川を襲ったとき、水は沸騰して空中高く立ちのぼりました。そして大トカゲは死んだのです。マウイは死体をレインボー・フォールズから投げ捨て母なる海へ帰したのでした。

ボイリング・ポットの先にペエペエ・フォールズを望む

 マウイの乗ったカヌーはプ・ウエオ橋の上流側で見ることができます。川にかかった溶岩の道の一部がその形に見えます。また、モ・オ・クナが最後に隠れた場所はボイリング・ポット(煮えたぎる鍋)と呼ばれ、ワイルク川州立公園の景勝地のひとつとなっています。河床の奇岩がつくり出す白濁した川面は、レインボー・フォールズの3kmほど上流で見ることができます。河床にできた深いポットホール(球形の穴)は、冬場の増水期などに川が運ぶ小石などが渦によって回転し、それが河床の岩をえぐって丸い穴をつくる現象です。ちなみに、この川をつくった溶岩(Anuenue flow)はおよそ1万年ほど前のものだと言われています。さらにその上流にはペエペエ・フォールズと呼ばれる5つの滝と、ワイアレ滝があります。

山側の展望台裏にあるバニヤンの巨木

レインボー・フォールズへのアプローチ

ヒロ市街からワイアヌエヌエ・アベニューを西進。ヒロ・ホスピタルの隣りに駐車場があります。市街地より車で5分ほど。駐車場の先に滝を眺めると展望台があるほか、左手の階段を登った先からも滝を俯瞰することができます。その裏手にはバニヤンやマンゴーの巨木があります。

 次回は滝のある風景(2)と題し、カウアイ島のワイルア滝を紹介します。

【ハワイの自然】
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (1) 2002年8月1日
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (2) 2002年8月15日
 火山と溶岩 (1) 噴火に伴う溶岩 2002年11月7日
 火山と溶岩 (2) ハワイアンと溶岩 2002年11月21日
 火山と溶岩 (3) マグマとその動き 2003年11月20日
 火山と溶岩 (4) プレートの移動 2003年12月4日
 火山と溶岩 (5) 島の誕生と消滅 2003年12月18日
 マウナケアと天文台 (1) 2003年2月20日
 マウナケアと天文台 (2) 2003年3月6日
 渓谷の魅力(1) ワイピオ渓谷 2003年10月2日
 渓谷の魅力(2) ワイメア渓谷 2003年10月16日
 西マウイ・北海岸の自然 (1) 2003年7月3日
 西マウイ・北海岸の自然 (2) 2003年7月17日
 風と雨と虹の話 (1) 2002年9月5日
 風と雨と虹の話 (2) 2002年9月19日
 マカプ・ウ岬を登る 2004年4月15日
 マノア滝トレイルを歩く 2004年5月6日
 地底の世界(1) 2004年9月2日
 地底の世界(2) 2004年9月16日
 観光洞窟 2004年10月7日
 ペペオパエ・トレイル(モロカイ島) 2004年10月21日
 ナーパウ・トレイル 2004年11月4日
>> 全ての過去の特集は、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.