ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
ワイメアの町(カウアイ島)
近藤純夫
クックに同行した画家ジョン・ウェバーのスケッチしたワイメア集落
クックに同行した画家ジョン・ウェバーのスケッチしたワイメア集落
 ワイメアの町は西欧文化が初めて上陸した町として知られます。1778年、イギリスのキャプテン・ジェームス・クックがここに寄港したからです。クックの航海日誌には、「集落の人々はブタやイモ類を持ち出し、代わりに釘や鉄製品が欲しいと願い出た」とあります。ハワイ諸島を含むポリネシアの島々に鉄器や銅器はありませんから、本来、釘がどういうものかさえ知らないはずです。それにもかかわらず、住民たちが鉄製品を求めたのは、クックが来島する前から、別の西欧人がこの島を訪れたからに他なりません。事実、彼らはすでに釘を持っていて、それはスペイン由来のものだったようです。 歴史というのは、書かれなければ存在しないことになってしまいます。当時、太平洋を往来していたスペイン船が、ハワイ諸島に寄港したことはほぼ確かですが、資料として残されていないため、いまも最初の西欧人としてクックの名前が残されているということです。

クックの銅像
クックの銅像
 ワイメアの町のほぼ中心にキャプテン・クックの銅像があります。この銅像はかつてそれほど大切にはされませんでした。外国人による支配を否定する一部の先住ハワイ人が像を嫌ったためです。いまはそのようなこともほとんどなくなり、その首にレイがかけられていることが多くなりました。

 銅像の前にはイシハラ・マーケットがあります。地元住民のための店ですが、リフエやカパア方面から訪れる観光客もよくこの店に立ち寄り、弁当やサンドイッチを調達します。アヒやタコなどのポケもおいしいと評判です。

イシハラマーケット
イシハラマーケット
 商店街の手前にはすでに運転を止めた砂糖工場があります。骨組みだけの状態になってからずいぶん歳月が経ちますが、いまも変わることなく建っています。数年前まで作業していたリフエの工場は、残念ながら取り壊されてしまいましたが、島にはこの他にも、取り壊されぬまま残された砂糖工場がいくつかあります。

 町の中心を過ぎて少し進むと、左手の海側に広大な敷地を持つ、アストン・ワイメア・プランテーション・コテージが現れます。かつてサトウキビ農場で働いていた労働者の住宅を改造してコテージにしたものを、敷地内に散りばめたコンドミニアムで、建物は簡素ですが、広いラナイ(テラス)と建物単位で造作してある花畑に囲まれ、とても心が豊かになる空間となっています。

町なかにある砂糖工場跡
町なかにある砂糖工場跡
 ワイメアの町で日系人に欠かせない存在としてワイメア東本願寺があります。サトウキビ農園で働いた移民たちが創設したもので、島で最古の寺です。ハワイの寺院はどの島でも宗教的な行事以外に、暮らしに関わるさまざまな役割を担っていました。東本願寺もその例外ではなく、日本語学校や日曜学校、さまざまなサークル活動が行われてきました。 第二次世界大戦の間は活動を停止していましたが、戦後に再建されました。日本語学校はありませんが、いまも住職を中心にさまざまな文化活動が行われています。

敷地内に点在するアストン・ワイメア・プランテーション・コテージのひとつ
敷地内に点在するアストン・ワイメア・プランテーション・コテージのひとつ
 ワイメアの町は手前をロシアン・フォートと呼ばれるかつての要塞跡と、キキアロアのヨットハーバーに囲まれた小さな土地ですが、北側には太平洋のグランド・キャニオンとマーク・トゥエインが表現した広大な渓谷を抱えます。多くの観光客は町での滞在はほどほどに、渓谷を目指して山へ登りますが、海の魅力もお忘れなく。とくにサンセットの頃に渓谷を下ってくると、雲の間から注ぐ日差しが海の向こうのニイハウ島を幻想的に浮かび上がらせてくれます。

 町のすぐ背後にある海岸にも足を向けてみましょう。夕焼けや残照の美しさは、オアフ島のサンセットビーチやハワイ島のカイルア・コナに決して引けをとりません。桟橋は先端まで行くことができるので、サンセットに合わせて滞在するのも良いでしょう。目の前に広がるニイハウ島の景観も楽しめます。  帰りは、トップページで紹介したラングラーズ・ステーキハウスへ。メインディッシュだけでなく、地ビールやリリコイケーキなどのデザートもお勧めです。

ワイメア東本願寺
ワイメア東本願寺
ワイメアの町裏にある桟橋と残照
ワイメアの町裏にある桟橋と残照

 トップページはワイメアでいちばん人気のレストラン「ラングラーズ・ステーキハウス」。次回はオアフ島東部にあるココ・クレーター植物園についてお話しします。



フラの花100「フラの花100─ハワイで出会う祈りの植物」(平凡社)
全192ページ 1,890円(税込)


フラにまつわる100のハワイやポリネシア由来の伝統植物・花々を厳選し、それぞれの植物や花々の文化的背景、歴史、伝承などをわかりやすく解説した楽園ハワイの植物ガイドです。

フラやキルト、レイなどはもちろん、ハワイの文化を知りたい人には是非ハワイにお持ちいただきたい一冊です。この本を片手に旅をすれば、きっとハワイがもっと好きになることでしょう。


アロハカワラ版「アロハブック・シェルフ」でも紹介しています
>>> フラの花100─ハワイで出会う祈りの植物

アストン・アット・ポイプ・カイ アストン・ホテルズ&リゾート
カウアイ島に3軒のコンドミニアムとホテル
> アストン・アット・ポイプ・カイ
> アストン・アイランダー・オン・ザ・ビーチ
> アストン・アロハ・ビーチ・ホテル

【ハワイの歴史】
 ビショップ博物館 2003年3月20日
 歴史の謎に迫る (1) 2002年12月5日
 歴史の謎に迫る (2) 2002年12月19日
 本の世界 (1) マーク・トウェイン 2003年5月1日
 本の世界 (2) ロバート・ルイス・スティーブンソン 2003年5月15日
 本の世界 (3) イザベラ・バード 2003年6月5日
 日系移民史 元年者の時代 2003年11月6日
 大航海時代の探検家たち (1) ラ・ペルーズ 2004年7月1日
 大航海時代の探検家たち (2) クルーゼンシュテルン 2004年7月15日
 大航海時代の探検家たち (3) コツェブー 2004年11月18日
 大航海時代の探検家たち (4) フレシネ 2004年12月2日
 ポリネシア人の誕生 (1) 2005年6月2日
 ポリネシア人の誕生 (2) 2005年7月7日
 神々の物語 (1) 2005年9月15日
 神々の物語 (2) 2005年10月6日
 神々の物語 (3) 2005年10月20日
 クックが見たもの (1) 2005年12月1日
 クックが見たもの (2) 2006年1月19日
 クックが見たもの (3) 2006年2月16日
 クックが見たもの (4) 2006年3月2日
 火の女神ペレ(1)
2006年6月15日
 火の女神ペレ(2)
2006年7月6日
 アフプア・ア (Ahupuaʻa) 2006年9月7日
 フィッシュポンド 2006年9月21日
 ホクレア(Hokuleʻa) 2007年4月19日
 タヒチ(Tahiti) 2007年5月17日
 ハワイ・プランテーション・ビレッジ Hawaii Plantion Village 2007年7月19日
 ダミアン神父の足跡を訪ねて 2008年2月21日
 カヌーと長距離航海(1) 2009年7月16日
 カヌーと長距離航海(2) 2009年8月20日
 カヌーと長距離航海(3) 2009年9月17日
 カラウパパ 2011年1月20日
 マウイ 2011年3月17日
 ハワイの歴史 ヘイアウ(1) 2012年8月16日
 ホノムの町と曾我部四郎 2013年6月20日
 ボルケーノハウス(その1) 2014年1月16日
 ボルケーノハウス(その2) 2014年2月20日


お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.