ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
キパフル・ウォーク
近藤純夫

橋の上流側には荒々しい景観が伸びる

 ハナを南へ10マイルほど下るとキパフルに達します。鬱蒼とした森にはさまざまな動植物が生息しており、その一部は手つかずの自然として永久保全されています。オヘオ・プールのある一帯はハレアカラ国立公園の分所(レンジャー・ステーション)があり、周辺情報を入手できます。

 一帯でもっとも人気があるのは「7つの聖なる池(Seven Sacred Pools)」と呼ばれるピピワイ川のオヘオ渓谷です。名前の由来は定かではありませんが、実際には23の瀞(プール)があります。また「聖なる」という言い伝えは根拠がないようです。それはともかく、水遊びをするには最適な場所だと言えるでしょう。

 駐車場と川をつなぐ小さな林のなかにも縦横に道が伸びているので、ちょっとした散策を楽しむことができます。また、渓谷の様子は川にかかる橋上から、上流下流ともによく見えます。一帯にはタコノキやビーチ・ナウパカ、ホワイトジンジャーなどが生い茂り、海岸付近にはハワイ人の古い住居跡もあります。

水遊びを楽しむ観光客たち

 レンジャー・ステーションの海側にはピヒワイ・トレイルが伸びています。ピピワイ川沿いに上流へ登りつめると約800mほどでマカヒク滝へ、2.5キロメートルほどでワイモク滝へ行くことができます。ただし、雨が降ると道はとても滑りやすくなるので気をつけましょう。なお、不定期ですが、レンジャーステーションではトレイルツアー(3時間ほど)が催行されています。(*1) ハレアカラ国立公園のキパフル地域は単に自然を保護するだけでなく、失われたハワイ文化の復元をも活動のひとつにしているので、下に挙げたキパフル・オハナをはじめとするいくつかの団体が年間を通じてさまざまな体験会や講習会を行っています。オヘオ周辺にはかつて大きな集落があり、カロ(タロイモ)やアペウアラ(サツマイモ)などを作っていました。そのため、国立公園ではオヘオを「伝統ハワイ農法保全区」として保護しています。

*1 通常は毎週土曜日の午前9時半からです。詳細はレンジャーステーション(808-248-7375)にお問い合わせください。

レンジャー・ステーション

 チャールズ・リンドバーグやローランス・ロックフェラーが当初のメンバーだったネイチャー・コンサーバンシーは、キパフル地区をハレアカラ国立公園に併合する計画を立てました。「ロックフェラーはキパフルに恋をしてしまったようだ」と、当時を知るネイチャー・コンサーバンシーの幹部は証言しています。 彼らはニューヨークで一大キャンペーンを繰り広げ、土地購入資金として100万ドルを集めたのです。ネイチャー・コンサーバンシーは1969年にキパフルを購入し、今日に至るハワイでの足がかりを築いたのです。ロックフェラーは1998年にも、オヘオ・プールの南に広がるプヒレレ岬周辺の52エーカーを公園に寄贈しています。リンドバーグは病に伏したあと、アン夫人に対し、自分の遺骸をキパフルに埋めるように言い残しました。その背景には、以上のような背景があったのです。1974年に作られた彼の墓はキパフルの海沿いにあるパラパラ・ホオマウ教会内にあります。

リンドバーグの墓

 キパフルとはハワイ語で「痩せた土壌の土地」という意味です。19世紀末から数十年間はサトウキビ畑が広がっていました。この町はアメリカ人にとり、大西洋を横断したリンドバーグが眠ることで知られていますが、ハナからの道は険しく、レンタカーでの走行が禁じられていることもあって、訪れる人はそれほど多くありません。ここでは、1995年に設立された「キパフル・オハナ (Hawaiian Living History Farm and Cultural Tours)」という組織が、伝統文化の復元を目指して活動しています。

 いくつかある看板に注意書きもありますが、豪雨のあとにテッポウ水が押し寄せることがあります。危険だと指示されたときは、レンジャーがいなくなっても絶対にプールへ入ってはいけません。また、峡谷周辺はハレアカラクレーターからつづく国立公園の一部ですので、石ひとつ拾っても罰せられますので注意してください。

ピピワイ川下流の景観

◆アプローチ

 ハナからオヘオ・プールまでは、ピイラニ・ハイウェイ(31号と360号の共用道路)を11kmほど南下します。「42マイル」の標識を過ぎるとキパフルの標識が現れ、オヘオ川にかかる橋を過ぎます。そこから500メートルほど行った海側に駐車場があります。

次回は火の女神ペレ(1)と題して、火山活動と信仰についてお話します。

【ハワイの自然】
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (1) 2002年8月1日
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (2) 2002年8月15日
 火山と溶岩 (1) 噴火に伴う溶岩 2002年11月7日
 火山と溶岩 (2) ハワイアンと溶岩 2002年11月21日
 火山と溶岩 (3) マグマとその動き 2003年11月20日
 火山と溶岩 (4) プレートの移動 2003年12月4日
 火山と溶岩 (5) 島の誕生と消滅 2003年12月18日
 マウナケアと天文台 (1) 2003年2月20日
 マウナケアと天文台 (2) 2003年3月6日
 渓谷の魅力 (1) ワイピオ渓谷 2003年10月2日
 渓谷の魅力 (2) ワイメア渓谷 2003年10月16日
 渓谷の魅力 (3) ワイポオ滝トレイル 2005年6月16日
 西マウイ・北海岸の自然 (1) 2003年7月3日
 西マウイ・北海岸の自然 (2) 2003年7月17日
 風と雨と虹の話 (1) 2002年9月5日
 風と雨と虹の話 (2) 2002年9月19日
 マカプ・ウ岬を登る 2004年4月15日
 マノア滝トレイルを歩く 2004年5月6日
 地底の世界 (1) 2004年9月2日
 地底の世界 (2) 2004年9月16日
 観光洞窟 2004年10月7日
 ペペオパエ・トレイル(モロカイ島) 2004年10月21日
 ナーパウ・トレイル 2004年11月4日
 滝のある風景(1) レインボー・フォールズ 2005年2月3日
 滝のある風景(2) ワイルア・フォールズ 2005年2月17日
 滝のある風景(3) アカカ・フォールズ 2005年3月3日
 キラウエア (1) 2005年4月7日
 キラウエア (2) 2005年4月21日
 キラウエア (3) 2005年5月19日
 マウナ・ロア 2005年8月18日
 ハレアカラ 2005年9月1日
 メネフネ神話発祥の山に登る(ノウノウ山イースト・トレイル) 2006年2月2日
 トレイルを歩く(5) ポロル渓谷 2006年5月18日
 > その他の特集は、こちらの「バックナンバー」からご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.