ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
 
RSS1.0
トレイルを歩く(5) ポロル渓谷
近藤純夫

ポロル渓谷の展望

 ハワイ島のコハラ半島を南から登りつめていくとカパアウの町を経てポロル渓谷に達します。ポロル(pololū)とは、ハワイ語で「長いやす(long spear)」を意味します。渓谷の展望台からはリアス式海岸を思わせる断崖の連なりを展望することができます。海は貿易風の影響もあって波が高く、泳ぐのには不向きですが、サーファーたちは波の高い日にやって来ます。この断崖の先にはワイマヌ渓谷やワイピオ渓谷が続いていますが、海岸伝いに歩いて行くことのできる道はありません。

 眼下にはわずかに黒砂の海岸が見えますが、展望台とこの海岸を結ぶのがポロル渓谷トレイルです。標高差はおよそ300メートル。渓谷には夏には黄色の花をつけるハウと、やわらかな緑色のヴェールをまとうモクマオウの森が、まるで手つかずの自然のように広がって見えます。かつては人が住み、タロ畑などが作られていました。クックが到来する頃にはタロ畑は姿を消していましたが、当時、真紅の茎を持つタロは極上の品種としてハワイ島全土に知れ渡っていたと言われています。

黒砂のビーチ

 19世紀には中国人移民がこの地を開墾して米作を試みました。しかし、タロ畑が姿を消したのと同じように、度重なる津波の被害で水田と集落は打ち棄てられました。その後、第二次世界大戦中に米軍が上陸演習を行ったことはありますが、このように厳しい自然環境のせいで、今日にいたるまで開発の手を免れてきました。かつてここには多くの日系移民が集められ、ポロル渓谷からノースコハラまで30km近くに及ぶ用水路作りが行われたりもしました。

 そのような歴史を思い返しながらポロル渓谷のトレイルを歩いてみましょう。車を道路脇に停めたら道の突き当たりまで行きます。付近の民家にはシェル・ジンジャーやコアリアヴァがそこかしこに見られます。晴れた日にはイオ(ハワイアン・ホーク)が海上を飛ぶのを観察できるかもしれません。トレイルは突き当たりの少し下にあるガイド標識のところから始まります。雨が多い土地のせいで道はたいてい滑りやすいので下りはとくに注意しましょう。

ホワイト・シュリンプ・プラント

 歩きはじめるとすぐにホワイト・シュリンプ・プラントの群落が現れます。間もなくトレイルは岩が露出しはじめ、足元に気を奪われているうちにいつしかハウの森となります。ハウやタコノキ、モクマオウなどの森を歩きますが、ときおり眼下に海岸が見え隠れします。トレイル沿いにはノニ、ラッツ・テイル、シャンプージンジャー、パラパライ、アジアンタム、ティー、ハープウ、エアープラントなど、実に多くの植物を見かけます。道は比較的単調ですが、花の観察をしているうちに海岸へと降り立つでしょう。

 海岸からは展望台で見下ろした断崖が立ち上がり、その足元に荒い波が打ち寄せては砕け散るのが見えます。また、黒い砂一色に見えたのは、実は波に洗われて丸くなった溶岩と、同じようにしてできた珊瑚の小石が磯のように広がっているのだということがわかります。

 背後には打って変わって鏡のように静まりかえった沼地があります。沼に向かって右端にも渓谷の奥へと続くトレイルがあり、奥にはカポロアの滝があります。一般向けではないので経験者以外にはお勧めできませんが、現地の会社によってツアーが主催されています。また、海岸を突っ切ると、再び登りの踏み跡があります。これはアヴィニ・トレイルですが、こちらも整備はされていないので探索は避けたほうがよいでしょう。

ビーチの反対側の風景

 午後は天候が悪くなることが多いのでトレッキングは午前に行うのがよいでしょう。トレイルは最近拡幅されずいぶん歩きやすくなりましたが、それでも雨が降るとぬかるみ、すべって転ぶ人がいます。足元には十分気をつけましょう。海は潮の引きが強いので泳ぐのは勧められません。また、沼地へは子どもだけで行かせないようにしましょう。

◆アプローチ

険しい海岸線

コナからは19号線を北上し、コハラ半島の西側海岸線沿いに170号を北上します。カパアウとハラヴァの町を通過して突きあたりまで行くとそこがポロル渓谷展望台です。道の突き当たりにポロル渓谷トレイルの標識があります。下り約20分、上り約25分。

 次回はマウイ島のキパフルについてお話しする予定です。

【ハワイの自然】
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (1) 2002年8月1日
 ダイヤモンドヘッドに登ろう (2) 2002年8月15日
 火山と溶岩 (1) 噴火に伴う溶岩 2002年11月7日
 火山と溶岩 (2) ハワイアンと溶岩 2002年11月21日
 火山と溶岩 (3) マグマとその動き 2003年11月20日
 火山と溶岩 (4) プレートの移動 2003年12月4日
 火山と溶岩 (5) 島の誕生と消滅 2003年12月18日
 マウナケアと天文台 (1) 2003年2月20日
 マウナケアと天文台 (2) 2003年3月6日
 渓谷の魅力 (1) ワイピオ渓谷 2003年10月2日
 渓谷の魅力 (2) ワイメア渓谷 2003年10月16日
 渓谷の魅力 (3) ワイポオ滝トレイル 2005年6月16日
 西マウイ・北海岸の自然 (1) 2003年7月3日
 西マウイ・北海岸の自然 (2) 2003年7月17日
 風と雨と虹の話 (1) 2002年9月5日
 風と雨と虹の話 (2) 2002年9月19日
 マカプ・ウ岬を登る 2004年4月15日
 マノア滝トレイルを歩く 2004年5月6日
 地底の世界 (1) 2004年9月2日
 地底の世界 (2) 2004年9月16日
 観光洞窟 2004年10月7日
 ペペオパエ・トレイル(モロカイ島) 2004年10月21日
 ナーパウ・トレイル 2004年11月4日
 滝のある風景(1) レインボー・フォールズ 2005年2月3日
 滝のある風景(2) ワイルア・フォールズ 2005年2月17日
 滝のある風景(3) アカカ・フォールズ 2005年3月3日
 キラウエア (1) 2005年4月7日
 キラウエア (2) 2005年4月21日
 キラウエア (3) 2005年5月19日
 マウナ・ロア 2005年8月18日
 ハレアカラ 2005年9月1日
 メネフネ神話発祥の山に登る(ノウノウ山イースト・トレイル) 2006年2月2日
 > その他の特集は、こちらの「バックナンバー」からご覧いただけます。

お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.